柳川 英一郎

柳川 英一郎は、セレントのアジア金融サービスグループのシニアアナリストで、東京を拠点としています。

日本とアジアの銀行業界、金融業界におけるIT戦略課題を専門にリサーチしています。最近のリサーチ活動としては、銀行勘定系システムや、ATM、アンチ・マネー・ロンダリング(AML)技術、電子証券取引、ドキュメントマネージメント、ビジネスプロセスアウトソーシング、IT投資動向などがあります。銀行業界におけるAMLやリスク管理などのパッケージ選定や、シンクライアントシステムや端末仮想化技術による事業継続計画(BCP)の支援、基幹系システムのためのデータセンタ評価などのIT戦略課題、システム構築の分野における、数々のコンサルティングに携わってきました。

以前は、NEC(日本電気株式会社、本社所在地 東京)のグローバル金融ソリューション事業部門、国内地域金融機関向けソリューション事業部門のチーフマネージャを務め、事業企画や基幹系システム開発、コンサルティング活動に従事していました。

また、セレント入社前には、NEC Corporation of America(NECの米国現地法人、拠点所在地 ニューヨーク)の金融ソリューション事業部門の責任者として、主に日系金融機関向けのIT戦略コンサルティングやシステム構築を手がけていました。

一橋大学の経営学修士号(MBA)、静岡大学の経済学学士号を有しています。

レポートダウンロード、個人情報にアクセスする場合はサインインしてください